◎○ にじんすきー日記 ▲△

アクセスカウンタ

zoom RSS 出資馬情報〜4歳〜

<<   作成日時 : 2006/05/20 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クラブより各馬の情報の更新がありました。
 ※各馬の情報に付いている印は、
  私なりに思う現在の各馬の状態を記しています。◎○▲△

シルクマイティー
美浦トレーニングセンターにて調整中。
坂路コースでキャンターの調整で、13日と14日に時計を出して、17日に障害試験を受けたところ、合格しています。沢騎手は、今回は真っ直ぐ走ってくれたので無事合格した、と話し、調教師は、今週は東京の番組が無いので、来週から登録していく、と話しています。
2度目で障害試験に合格!!
ここまで長かったですがようやく障害馬としてデビューすることが出来ます。
気性的に難しいところがあるようですが、厩舎スタッフ、沢騎手、那須トレーニングセンターの方々のおかげでなんとかここまでこれました。
担当厩務員さんのブログによると、気性面も少しずつ良くなっているようなので本当に良かったです。
競馬場で会える日を楽しみにしています!



今日のワンショット! 

浅草寺〜荘厳〜

先月初め頃に浅草で夜桜を見た後、夜の浅草寺を訪れてみました。

               雷門

画像


浅草寺の正面にあるのが雷門です。
数度の火災により焼失しましたが、1635年に建てられた門には右に「風神」左に「雷神」を安置してあることから「風雷神門」が正しく、それを略して雷門と呼ばれたようです。
その後、1865年の火災による焼失以来、昭和35年に再建されるまでの95年間は幻の門だったようです。
現在の雷門は鉄筋コンクリート製で、松下電器の松下幸之助氏の寄贈により、当時のままに再建されているようです。
ですから、大きな提灯のしたに松下電器と書かれていたんですね。


雷門を抜けると仲見世通りとなり、多くのお店が軒を連ねます。
訪れたのが夜の8時近くだったので、ほとんどのお店が閉まっていました。


仲見世通りを抜けると宝蔵門が表れてきます。

               宝物殿

画像

昭和20年の空襲で本堂と共に焼失しましたが、昭和39に再建されたようです。


               大わらじ

画像

宝蔵門の裏手には仁王様の大わらじが掛けられています。
片方だけで長さ4.5m、幅1.5m、重さ400kgあるそうです。
このわらじは山形県村山市の「奉賛会」から、平成10年に新しく奉納されたものです。

               裏手から見た宝蔵門

画像



               五重塔

画像

五重塔は942年に平公雅によって建てられましたが、何度かの火災により焼失し、昭和48年に現在の位置に再建されました。
地上からの高さ:53.32m(搭の高さ48.32m、うち九輪部分15.07m)。
最上階の五層にはスリランカ伝来の仏舎利が収められています。


               浅草寺本堂

画像

聖観音宗の総本山
江戸市中の寺院の中でも最古の寺。
本堂は三代将軍徳川家光が1649年(慶安2)に再建し、約300年後戦災で焼失するまで国宝に指定されていました。本堂は昭和33年(1958年)再建されました。


昼間の賑わいも消え去った夜の浅草寺は、ライトアップされよりいっそう荘厳な感じを受けました。昼とはまた違う浅草を楽しむことが出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出資馬情報〜4歳〜 ◎○ にじんすきー日記 ▲△/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる