◎○ にじんすきー日記 ▲△

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術鑑賞&国立科学博物館

<<   作成日時 : 2007/02/22 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっと前のことですが、オルセー美術館展を見に東京都美術館へ行ってきました。

オルセー美術館といえば、ルーブル美術館とセーヌ川をはさんだ対岸にあるということくらいしかしらなかったのですが、世界屈指の印象派コレクションを誇る美術館として有名なんですね。

19世紀 芸術家たちの楽園」というテーマを更に5つのテーマにして展示されていました。
見るのは好きですが、あまり詳しくないので、そうなんだ〜と分かったようで分からない感じでいましたが(笑)
まあ、見て自分で良かったと思えればよしですね(^o^)

平日に行ったのですが、大勢の人が来ていて、結構年配の人が多いと思っていたら、どうやら同じ東京都美術館内で盆栽展や書道展などいくつかの展覧会が開催されていたようでした。
年配の方が多いのも納得です。

とは言っても、オルセー美術館展に来る人が圧倒的に多いですから、ゆっくりじっくり見るとなると大変です。
それに、このような展覧会にくるといつも背中が痛くなってしまうからツライ(><)

見るのはなかなか大変ですが、鮮やかで心癒される色彩や描写に見とれ、説明を読みレンタルした音声ガイドを聞いて、その絵に込められて作家の想いを感じながら見ていました。
そのなかでも私が気に入ったのは、モネ、ルノワール、セザンヌ、ミレー、マネ、シスレーと言った有名作家と、今回初めて見たバジール、ヴィルヘルム・ハンマースホイという作家もとても良かったです。

展示されていたのは印象派の絵画だけでなく、写真、陶器、木材や石膏の浮き彫りなども展示されていました。

140ある展示品をおよそ3時間程掛けて見て回り、出る頃には寝不足も重なりちょっと辛かったですが、たまにはこのような芸術鑑賞も良いものだと思い美術館を後にしました。

私が特に気に入った作品の絵葉書が売っていたので2枚買ったきました。

作品:アルジャントゥイユの船着場
作家:クロード・モネ
画像


作品:室内、ストランゲーデ30番地
作家:ヴィルヘルム・ハンマースホイ
画像


今部屋にはヴィルヘルム・ハンマースホイの方を額に入れて飾っています。

     ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

その後は、また行ってきました国立科学博物館。
ちょっと前に特別展示の大英博物館 ミイラと古代エジプト展見に行ったんですけどね(^_^;)
歩いて数分の距離ですし、何回見ても楽しめるのでついつい行ってしまいます(笑)

特別展示は見ないで常設だけ見てきたのですが、何度行っても良く分からない宇宙・物質・法則のコーナー(-_-;)
分からないですが楽しいですよ(笑)

地球環境の変動と生物の進化を化石などが多く展示され説明されていますし、地球上の生物の係わり合いについても紹介されています。
他には人類の科学技術の歩もなかなか興味深いです。
ここ国立科学博物館には、数多くの化石、標本、剥製が展示されていてなかなか見応えがあると思います。

帰りにミュージアムショップで鉱物を買ってきました。

ラピスラズリ
エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石または顔料として使われてきました。
日本ではトルコ石と共に12月の誕生石になっているようです。
画像

エジプト文明展を見に行くと必ずと言って展示されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は2枚目の絵が好きですね〜
モノトーンなのにカラーな質感が素敵。
ハンマースホイ?
初めて見聞きしました・・
と言っても知ってる画家が片手で足りるぐらいですが(笑)
知識は無いし増えもしないんですが
私も見るの好きなんですよ。
まあ、見るというより
ほぉ〜とか、うわ〜とか
そんな感覚が好きなのかも(笑)
先日陶磁美術館の鍋島展(伊万里)に行ってきたんですが
ま〜ったく価値はわかりませんでした・・
でもだから楽しいと思ってます(笑)
eo
2007/02/23 18:37
私も2枚目がお気に入りです。
ただ室内を描いているだけなのですが、なんだか引き込まれるような感じがして見入っていました。
私もeoさんと同じですよ。
ほぉ〜とか、うわ〜とか(笑)
詳しくないけど見るのが好きなので時々見に行くようになりました。
日本の陶磁器は繊細な色彩が素敵ですよね。
ちゃんと見たことがないので機会があったら私もそのような展覧会に行ってみたいと思います。
にじんすきー
2007/02/24 01:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
芸術鑑賞&国立科学博物館 ◎○ にじんすきー日記 ▲△/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる