◎○ にじんすきー日記 ▲△

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがとう

<<   作成日時 : 2006/05/20 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

引退した愛馬シルクエルフィンが腸捻転を発症し、懸命な治療を行いましたが先月26日に息を引き取りました。
つい先日、初仔が生まれたことを知り喜んでいたばかりでの事でした。

繋用先のヤナガワ牧場HPの管理人さんによると、昨年一度腸捻転の手術を受けていて、その後もさく癖は直らず疝痛も何度かあったようです。
そして4月23日に再度腸捻転を発症し、すぐに手術を行い、牧場スタッフの方々も何とか助けようと懸命の努力をしてくれましたが、4月26日に息を引き取ったようです。

エルフィンの初仔でもあり最後の仔となるスペシャルウィークの牝馬は、現在、優しい乳母に育てられているようです。
最後に管理人さんは「募集になった際はエルフィンの忘れ形見をどうか応援してください」とコメントしてくれました。
管理人さんがコメントしてくれた日はエルフィンの誕生日でした。

画像


本当に悲しいです。
いつかエルフィンが仔馬と一緒にいるところを見たいと思っていましたが、今となっては叶えることが出来なくなってしまいました。
私にとってエルフィンは特に思いいれの強い馬だったので、とても残念で仕方ありません。

現役時も疝痛により出走回避したり、天栄に放牧に出ていた時も疝痛になり、福島県いわき市にあるJRA競走馬総合研究所 常磐支所に運ばれたこともありましたが、その後、手術を行ったりなど大きな問題にならなかったので、それほど気にしてはいませんでした。
私は知りませんでしたが、エルフィンはさく癖があり、それによって疝痛になり腸捻転へと悪化してしまったと思います。

画像


エルフィンの母サドンフロストもエルフィンを生んだ後に亡くなったと聞いています。
また、残された仔の父スペシャルウィークも母親をすぐに亡くし乳母に育てられています。
エルフィンのたくさんの仔に会いたかったですが、母サドンフロストのように少ない仔に命をつないでいったのではないかと思います。
もうエルフィンに会えないと思うと悲しいですが、残された仔が丈夫に成長し、エルフィンの分まで生きて次への命をつないで行ってほしいと願うばかりです。

ありがとうシルクエルフィン


画像


シルクエルフィン 牝馬 黒鹿毛 美浦・尾形厩舎

父 ブライアンズタイム
母 サドンフロスト
母父 Northern Dancer

生年月日  1998年5月19日  
生産者   早田牧場新冠支場

39戦[4-4-5-26]
主な勝ち鞍/御在所特別

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ありがとう! シルクエルフィン
悲しいニュースを聞いて、いいお天気だけれども気分が晴れない一日でした。 P君が出資していたシルクエルフィン。 ...続きを見る
●●●ぴょんの Pop Life●●●
2006/05/22 13:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ありがとう ◎○ にじんすきー日記 ▲△/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる