◎○ にじんすきー日記 ▲△

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンガルトラ

<<   作成日時 : 2006/03/07 01:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

NHKの地球・ふしぎ大自然を見ました。
今日は「ベンガルトラ 謎のオスを追う 〜インド 乾燥の大地〜」でした。

画像


インド北部のランタンボール国立公園(東京23区半分以上の広さ)には、現在30頭ほどのベンガルトラが暮らしています。
この地域は一年の大半が乾季で気温が50度を超える日もあるそうです。

メスは広大な敷地内に縄張りを持ち、シカなど大型の草食動物を待ち伏せしたりして狩りをし子供を育てています。
意外だったのは、トラって走るのがあまり速くないんです。
だから、待ち伏せして獲物が近くに来るのを待ったりして狩りをするんです。
それに、開けた土地で獲物が多く集まっている場所では狩りが難しい。
なぜかと言うと、たくさんいると誰かに見つかってしまう可能性が高いからなんです。

母親トラは自分の娘に縄張りを与えます。
沼地に縄張りを持つトラの一族は代々特殊の狩りの方法を
行っていたのですが、その方法を受け継ぐ前に母親が密猟に合ってしまったそうです・・・
そして現在行っている狩りの方法の1つとして、茂みに隠れている小鹿を見つけて捕まえるんです。なぜか隠れているかと言うと、母親シカが食事をしたりする時に小鹿を茂みに隠すことがあるからなんですね。

          暑いから水に浸かったりします。
画像


トラの子供の一番の死因は自分の父親以外のオスに殺されてしまうから。
何故殺してしまうかと言うと、メスは子供がいると発情しません。
しかし、子供を殺してしまえばメスは発情するようになるからなんだそうです。
なんか、野性の世界は本当に凄まじいと思いましたね。

今回のタイトルでは、謎のオスを追うとありますが、
オスは見つけることが難しい為に行動など分からないことが多いのです。
その中でも分かったことは、オスは自分の縄張り内を回って、時々メスそして子供に会いにくるそうなんです。オスはそうやって見守っているのですね。

昔はユーラシア大陸一帯に数万頭生息していたベンガルトラですが、
その後、森林伐採、密猟の影響により数を激減させ絶滅危惧種に指定されています。
現在はインドの国立公園により保護をされていて、インドに3000頭、バングラディッシュに300頭、ネパールに100頭と言われています。
しかし、今でもトラの毛皮やトラの骨(漢方で使用)などが目的で密猟は相次ぎ、多くのトラが人間の欲望の為に犠牲になっているのです。


生態系の頂点に立つ人間はもっと他の生き物達の事も真剣に考えなくてはいけないと思います。
人間だけよければいいなんていう驕りを持ってはいけない。
もっと命の尊さを考え、この地球は人間だけの物ではないのだと言うことを。
もちろん私も考えなくてはいけないことです。


画像

ちなみに、ホワイトタイガーと言うのは、ベンガルトラの白変種で、普通のトラで黄色になる部分の毛が白く、黒縞の色が薄いことらしいです。



今日のワンショット!

これなんだか分かります〜?

           上の部分です。
画像


           こちらは下の部分。
画像


           上の部分にある説明書き。
画像


これは私が中山競馬場へ行く途中の地下鉄連絡通路にあるものです。
以前から気になっていたのですが、先日周りの目を気にしながらも撮影に成功しました!o(>_<)o
これがなんだか分かりますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
にじんすきーさん
こんにちは
ユニコーンが今週デビュー予定ですね
騎手は誰になるのか分かりませんが
とにかく無事出走して欲しいですね
今から期待が一杯でわくわくしています

↑うん?最初パッと見は
ごみ箱に見えたのですが(笑)
なんでしょうか?足と書いてあるので
靴みがき機?
アロハ
2006/03/07 19:06
◎アロハさん
私もわくわくしてますよ!
でも、アロハさんはウィザードもいるので、わくわく×2ですね(笑)
これから行われるだろう追い切り時計が気になるところです。

ゴミ箱ですか(笑)
私は今までこのようなものを見た記憶がないので「へぇ〜面白いな」と思っていたのですが、
人に聞いたら小さい頃に見た事あると言っていました。
東芝でも家庭用に売っていました。
価格は3万1500円
私なら要らないな〜その分出資したい!(笑)
後日、全体画像UPしますね。
にじんすきー
2006/03/08 01:01
以前、同じようなドキュメンタリーで
ライオンバージョンを見ました。
子の死因はトラの子と一緒で
母親は我が子を目の前で殺され、
新しい夫を自ら迎えます。
哀しい世界ですが
より強い子孫を残そうとする本能で
自然と共存するための淘汰とか。
人間も自然の一部と思う私。
共生できなければ人間も
いつか自然に淘汰されるんでしょう。
とたまにはマジメなレスでした(笑)

↑は知ってますよ〜
けどゴミ箱に花を添えるアイデアも
なかなかに良いかも♪
そういうことができるから
人間も愛すべき生物なんだな〜。^^
eo
2006/03/08 14:21
◎eoさん
そうですね、野生では淘汰が必然なんでしょうね。人間は自然を甘く見ているといつかしっぺ返しくらいますよね。地球温暖化とか・・・

eoさん知ってるんですか!
どこで見たんですか?
もしかして家にあるとか(笑)
花も良いけど、水槽になっていて金魚とかメダカが泳いでいるのも良いなぁ〜。
にじんすきー
2006/03/09 00:12
見たのは、モロそれです(笑)
プレのデビューのとき(笑・笑)
花付きは初めてでしたが、
機械そのものは結構あるんじゃ?
突然“おっちゃん”が機械になって
驚いたんですよね、遠い昔(爆)
eo
2006/03/09 09:59
◎eoさん
プレシャスデビューの時というと・・・
その日私も見ているわけですね〜(笑)
上野駅などに各所にあるようですが、見かけたのはここだけです。
新宿にもあるのか・・・(謎)
そういえば最近おじちゃんやおばちゃん見ないなぁ〜
いずこへ・・・
にじんすきー
2006/03/09 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベンガルトラ ◎○ にじんすきー日記 ▲△/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる