◎○ にじんすきー日記 ▲△

アクセスカウンタ

zoom RSS 出資馬情報〜2歳&3歳〜

<<   作成日時 : 2006/03/02 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2歳馬&3歳馬情報の更新がありました。
※各馬の情報に付いている印は、
  私なりに思う現在の各馬の状態を記しています。◎○▲△

[2歳馬]

シルク4−19  [父クロフネ:母シルクフェニックス]
天栄ホースパークにて調整中です。
ジックリ長めに乗られているようですが、少し左トモが弱く感じるようなので、
今後は運動を続けながらケアして行くとのこと。
ちょっと気になりますが、今後調教を積み力を付けながら成長すれば
問題ないのかと思っています。
芦毛でとても大きな馬体は父クロフネを彷彿させます。
父の産駒も活躍馬が出ていますので、この仔にも期待しています。

馬名がシルクガルーダに決まったようです。

シルク4−54  [父ウイングアロー:母マチカネポッペア]
北海道、フジワラファーム万世にて調整中です。
馬体があるので前脚にはアルミ蹄鉄を履かせているようですが、
歩様の方も悪くないので、今後は少しずつ馬体を絞りつつペースを上げてゆくようです。
脚元が気になっていましたが、特に問題はないようなので安心しました。
とても期待しているので今後の成長が楽しみです。

馬名がシルクアローに決まったようです。


これからは馬名で呼べるようになったのは嬉しいです。
どんどん力をつけていって欲しいです。


[3歳馬]

シルクプレシャス
ブラストホースステイブルにて調整中。
引き続きダクによる運動にて様子を見ているようです。
先週から始めたショックウェーブ療法の効果が少しずつ出ているようで、
完全に良くなっている訳ではないが、峠は越したとの事なので
まずは一安心です。
もう少し時間は掛かりそうですが、
勢司調教師も頻繁に確認しに来てくれているようなので、
あまり心配せずに復帰を待つことにします。

シルクアグライア
中倉ファームにて調整中。
引き続き軽めの運動で様子を見ていましたが、脚元の状態も変わりなく
順調なため予定を早めて週末からダクを開始しているようです。
今後はダクで様子を見て問題なければ距離を延ばして乗り込んでゆくとのこと。
少しずつですが良い方向へ向かっているようです。
このまま行って欲しいと思います。

シルクフィレンツェ
美浦トレセンにて調整中。
キャンターで乗っていますが、22、26日と時計を出しています。
今開催のデビューを目標に調整され、素軽い動きをするし、走りっぷりもいいのだけど、やっぱり追い切った後にスクみ気味とのこと。
追い切り後スクむと言うのがやはり心配です。
デビュー目前ですが馬優先主義でお願いしたいです。
その辺りは谷原調教師とクラブを信用したいです。

シルクユニコーン栗東トレセンにて調整中。
坂路とDWコースでキャンター乗り込まれており、
22、26日と時計を出しています。
最終的な仕上げ段階に入っていおり、
動きに重い感じも無く、脚元も安定しているようです。
デビュー戦としては、血統的背景から阪神3週目の千八ダートか、
4週目の千四ダートのどちらかのようです。
どちらかにするかは今後の動きを見てから判断するようです。
待ちに待ったデビューが目前となり嬉しいです。
あとは怪我など無く行くことを願っています。


プレシャスアグライア共に少しずつですが先週より良い方向へ向かって
いるようなので良かったです。
デビューが近いフィレンツェユニコーンですがフィレンツェの方はやはり
スクんでしまうと言うのが・・・期待と不安が入り混じります。
ユニコーンは順調なので期待です。
デビュー当日は応援に行こうと思っていますが、阪神はちょっと遠いなぁ〜(笑)


今日のワンショット!

アグネスタキオン〜異次元の煌き〜

画像



弥生賞でのアグネスタキオン
父はいわずと知れたサンデーサイレンス、
母は無敗で桜花賞を制したアグネスフローラである。

タキオンの新馬戦は暮れの阪神、芝2000m。
ファンはダービー馬フサイチコンコルドを兄に持つ良血馬ボーンキングを
2・2倍の1番人気に押し、
タキオンは5・8倍の3番人気とそれほど高い評価ではなかった。
しかし、レースでは上がり33・8という素晴らしい末脚を繰り出し見事新馬勝ちを収める。

続く2戦目はラジオたんぱ杯3歳S。
ここで2頭の強敵がタキオンの前に立ちはだかった。
新馬、エリカ賞と圧倒的な強さで制した外国産馬クロフネ、
そして、休養明けだが新馬、札幌2歳Sと連勝中のジャングルポケットである。
しかし、ここでもタキオンの力は違っていた。
ジャングルポケットに2.1/2馬身、1・4倍とダントツ1番人気のクロフネに更に
1.1/4馬身と差をつけての勝利を収める。

そして次に陣営が選んだレースは皐月賞トライアル弥生賞。
クラシック第1冠皐月賞と同じコース、同じ距離で争われる弥生賞はまさに
トライアルといって相応しいレースあり、
ここから多くのクラシックホースが誕生したレースである。
当日、中山の馬場は不良。
1・2倍と圧倒的な人気を得たタキオンだが、
この不良馬場に対応できるかという懸念もあったと思う。
しかし、タキオンはここでも異次元の煌きを放つのである。
いつものように直線に向くと素晴らしい末脚を繰り出し、
2着以下ボーンキング、ミスキャスト、マンハッタンカフェなどに
大きな着差をつけての圧勝であった。

その後のタキオンですが、皐月賞を見事に快勝、続くダービーで2冠確実と
思われていたのですが、調教中に故障を発生し左前浅屈腱炎と診断され、
志しなかばで引退、種牡馬入りしたのです。
現在は社台ファームで供用され種付け頭数200頭と今は無きSSの
後継種牡馬として更なる活躍が期待されています。
その表れとして、今年の種付け料は1200万。
キングカメハメハ、スペシャルウィーク、シンボリクリスエスは600万です。
 
 戦績 4戦4勝

2001年 皐月賞 (GI) 1着
2001年 弥生賞 (GII) 1着
2000年 ラジオたんぱ杯3歳S (GIII) 1着
2000年 新馬 1着

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
アグネスタキオンの種付け料
1200万ですか・・凄いですね
安い家が買えそうな金額(笑)
今後、タキオン産駒はシルクに募集
されるのでしょうかね?
アロハ
2006/03/04 09:24
私もタキオンの種付け料は本当に凄いと思います。
ブライアンズタイムは600万ですからね。
今後シルクで募集されることがあったら人気になりそうですし、価格も高そうですね。
アロハさんはロワイヤルハイネス05がいるじゃないですかぁ〜(^^)!
にじんすきー
2006/03/04 18:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出資馬情報〜2歳&3歳〜 ◎○ にじんすきー日記 ▲△/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる